発達障害のプログラミング教育

得意・不得意の差が激しい発達特性をもっているお子さんの場合、他の生徒と同時にプログラミングの授業を受けるのは、ちょっと難しいかもしれませんです。

平均的な他の生徒と同じペースだと、分からないまま授業が進んだり、分かっていることの繰り返しで、退屈するからです。

続きを読む