プログラミング言語を愛するプログラマ

Stack Exchangeという企業があります。世界中のプログラマの間でかなり有名な企業です。
プログラマ版のYahoo知恵袋みたいなサービスを提供していて、たくさんのプログラマがプログラミングで困ったことなどを投稿したり、誰かの質問に回答したりしています。

さて、この企業は、世界規模でプログラマの国勢調査のようなことをしていて、その結果が公開されています。

続きを読む

JavaとJavascriptは、コーヒーとコーヒー牛乳みたいなもの

以前Java言語について、紹介しました。
名前が似ているプログラミング言語で、JavaScriptというものもあります。

今日は、初心者の方が混乱しがちな「JavaとJavaScriptは、どう違うのか?」について、お話ししようと思います。

続きを読む

マインクラフトをMODでさらに楽しくする!

マインクラフトは、拡張ソフトを使って、機能を追加することができます。

ぼくが息子と遊んでいるマインクラフトの世界では、ロボットをプログラミングして作業を自動化できるようにしています。

ぼくのマインクラフトの世界

それ以外は、日本語を入力できるようにしているくらいです。

他にも電車や飛行機を飛ばしたり、便利な拡張ソフトがあるのですが、それらはインストールしていません。

何でも簡単に出来てしまうと、ゲームが面白くなくなってしまうので、その線引きがむずかしいところです。

自分で目標を設定して、その達成までの経過を楽しむだけではなく、自分でゲーム内のバランスまで考えて遊ぶという自由さ。

これを「意味がわからない」と感じるか「面白そうだ」と感じるか、で好き嫌いがハッキリ分かれそうですね。

プログラマーは「これこれの難しい機能を、こんなに不自由な方法で実現したよ!」といった武勇伝(?)が大好きです。自分で制約を設けて、それをクリアするゲームと相性が良いのかも知れませんね。

MODってどんなもの?

さて、このような拡張ソフト(MOD/モッドと呼ばれます)で追加できる機能は、マインクラフトの会社が作っているのではありません。

マインクラフトの会社は、MODを作る方法を提供しているだけで、それを作っているのは、主に趣味で楽しんでいる一般のプログラマーたちです。

中には品質の悪いものもありますし、配布しているWEBサイトにも怪しげな英語サイトが多いので、導入には注意が必要です。

子どもにさせるのではなく、大人が見極めてダウンロードしましょう。

そのようなお父さん・お母さんのためにレッスンを準備していますので、是非ご利用くださいね。

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=85062&lang=ja

 

 

 

 

 

マインクラフトでプログラミング教育

以前、ぼくのマインクラフトの世界をご紹介しました。

ぼくのマインクラフトの世界

マインクラフトの中では、Lua(ルーア)というプログラミング言語を使って、ロボットを動かすためのプログラムを書いています。

それをやるには、タイピングができる必要があるのですが、スクラッチのように”ブロック”を使ってプログラミングを書くことも可能です。

マインクラフトが好きなお子さんなら、スクラッチで勉強した後、マインクラフトの世界で、プログラミングができるようになれば、とても楽しく勉強できますね。

ただ、マインクラフトでお子さんがプログラミングできるようにしようと思うと、お父さんやお母さんなど、大人の力も必要になってきます。

そのような方に向けても当教室でサポートしていますので、是非ご利用くださいね。

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=85062&lang=ja

http://computercraftedu.com/

初心者にJavaをオススメする3つの理由

以前にも書いたことがありますが、当教室では初心者が学ぶ本格的なプログラミング言語として、Javaをオススメしています。

Javaをオススメする理由を説明しましょう。

続きを読む

ぼくのマインクラフトの世界

息子と一緒にマインクラフトにハマりだして2ヶ月になります。

ぼくが遊んでいるマインクラフトの世界を一部ご紹介します。

これは、先日つくった「ロボット農場」を撮影したものです。
※動画は45倍速に編集してあります

ロボットが自動的に作物のタネを植えて、育ったら収穫して、農場の端にある木箱に集めるようにしてあります。ぼくは時々この木箱をチェックして、たまってきたら農作物を買い取ってくれる村人(ゲーム内のキャラクター)に持っていって、エメラルド(この世界の通貨)と交換し、さらにそれを他の村人と交換して、必要なもの(道具や魔法の本)を手に入れているのです。

ゲームの中のロボットに自動的に仕事をさせるために、Lua(ルーア)というプログラミング言語を使って、プログラムを書きました。

プログラミングをしている画面:ゲームの中でコンピュータを使えるようにする「Computer Craft」という追加ソフトを使っています。

今後は、農場の木箱を見て回る手間もなくすために、村人のいる家の近くまでレールを引いて、収穫済みの農作物を自動的に輸送しようと考えています。

マインクラフトで遊んでいると、

「今日は 〇〇 に挑戦してみよう」
「その為には、これとこれと…が必要だ」
「こうして、ああすれば出来るぞ」
「△△がめんどくさいから、何とかならないかな」
「そうだ、こうしよう」
「今度はこれが気になってきた…」

というような事の繰り返しです。

どんなゲームでも同じかもしれませんが、何かを手に入れるためには、単調な繰り返し作業が必要になるのです。

そんなときこそ、プログラミングを学ぶチャンスです。

マインクラフトを使って、楽しくプログラミングを学ぶ方法を教室でも提供していく予定です。

お楽しみに。

オブジェクト指向って何?

プログラミングの学習について調べていると「オブジェクト指向」という言葉が出てくる事があります。
これは一体何でしょうか? プログラミングを勉強しはじめるときに、オブジェクト指向について知っておくべき事は何か、お話ししたいと思います。

続きを読む

タッチタイピングについて

スクラッチでは、タイピングはほとんど必要ありません。

しかし他の言語ではタイピングが必須になっています。

タイピング練習は早めに始めましょう

スクラッチを楽しんでやっていて、いつかもっと凄いゲームを作ってみたい、という気持ちがあるのなら、早めにタッチタイピングを練習しはじめましょう。

タッチタイピングの練習は「身体感覚」の訓練ですから、時間がかかります。

スクラッチを終わってからタッチタイピングの練習をはじめていると、実際に次のプログラミング言語の学習をはじめるまでに期間があいてしまいます。

タイピングは早めに始めておきましょう。

当教室のオススメ「タイピング練習」ソフト

子ども向けのタイピング練習ソフトは色々ありますが、当教室では がくげい社の「きっずタイピング」を使っています。

以下、オススメのポイントです。

  • ホームポジションから2文字ずつくらいを丁寧に説明・練習できるようになっています。
  • アルファベットとその発音もきちんと教えてくれます。
    (これは英単語が主体となるプログラミングのためのタイピング練習には絶対必要です)
  • ソフトのなかで検定試験をうけると、合格証が発行されるようになっているので、達成感をもちながら続けていけます。
  • ソフト一本で10人くらいのデータを保存できるようになっています。ご兄弟のいらっしゃるお子さんでも大丈夫ですね。