大人向けプログラミングスクールの選び方

今日は、大人がプログラミングを学習するためのスクールについて、タイプ別に、選び方のポイントを書きます。

その1. 就職先斡旋型スクールについて

プログラミングスクールの中には、就職先の斡旋までセットにすることで受講費を無料にしているところがよくあります。

一般的に、企業へ人材を紹介すると、最低50万円から中には100万円を超える紹介手数料を得ることが出来るため、スクールは受講生からは費用を徴収しなくてもよいという仕組みです。

こういったスクールを選ぶときのポイントをあげておきます。

紹介を受けない場合にどうなるのか?

当然ですが、紹介を受けなかった場合は、数十万円の受講費用を受講生が負担しなければなりません。

どのような企業を紹介されるのか?

こういったスクールは、システムエンジニア職への人材紹介を中心としているところが多いです(最も需要があるためです)。

そのため、システムエンジニア以外の職種も検討している人にとっては割高になったりレッスン内容があわないことがあるので注意しましょう。

逆に「システムエンジニアになりたい!」または「IT企業ならどこでもいいから就職したい!」という人には良いことづくめなので、是非こういったスクールを活用していただければと思います。

その2. 期間契約型スクールについて

「プログラミングスキルを身につけて副業できる!」「フリーランスのプログラマーとして活躍できるようになる!」といった謳い文句で、1ヶ月あたり10~20万円程度の受講料で長期プランを設定されているスクールがあります。

こういったスクールに興味がある場合は、以下のようなポイントに注意して選ぶと良いでしょう。

決められたカリキュラム or オーダーメイドのカリキュラム

決まったカリキュラムがあるところのほうが一定の品質が保証されるため、安心感があります。一方で、オーダーメイドのカリキュラムは柔軟性がありますが、実際のところはプログラミング言語ごとににたような内容になってしまう事が多いです。

「おすすめコース」などとして挙げられている以外の内容を希望する場合、スクールに経験のある講師が少ないことが多いので、事前にしっかりと確認しましょう。

対面でレッスン/質問できる or レッスン/質問はSkypeのみ

クリックの仕方から教えて欲しい、というような場合は対面レッスンできるスクールを選びましょう。

そうでなければ、Skypeのほうがオススメです。プログラミングのレッスンでは、対面で実施するよりもSkype等で画面共有しながらのほうが教えやすいからです。また、対面で教えてもらうための教室・カフェなどの費用がかかってしまう事もあるので注意しましょう。

Skypeのみのスクールでも「どうしても一度は会っておきたい」といえば対応してもらえる事が多いので、必要に応じて交渉しましょう。

キャンセルや休学の返金条件

3ヶ月もたてば何かしら予想外の出来事があるものです。契約期間途中の休学が出来るのか、どれくらいの期間まで可能か、キャンセルしたときにどのように返金されるのかを予めチェックしておきましょう。

その3. 教材提供型サービスについて

最後に教材提供型サービスについてご紹介します。

このタイプの企業は、講師のいるスクールではなく、教材を一定期間閲覧可能にしてくれるサービスを提供しています。

教材の大部分が無料で閲覧できるサービスも多く、有料の場合でも月額1,000円くらいと、非常に安く利用できるのが特徴です。

デメリットを中心に見ていきましょう。

  • 何をどういう順番で学習するのが効率よいのか教えてくれない
  • ゼロから自分で作っていく知識は身につきにくい(1人でどんどん進めていける教材というのは、どうしても至れり尽くせりになってしまうところがあるため)
  • 分からない所があっても質問できない(別のQ&Aサービスを利用するしかない)
  • 提供された教材以外のことは学べない

何だか悪いところばかり目立ちますが、やはり安価に利用できるのは魅力です。

まずはこういったサービスで「自分がプログラミングに向いていそうかどうか、少なくとも嫌いではないか」を確認する、というのがオススメです。

そこをクリアできたら、あるいは挫折してしまったけど何とか再チャレンジしたい場合は、上であげたようなスクールや、当教室でのレッスンを検討するのが良いでしょう。

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=161598&lang=ja

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=170563&lang=ja