プログラミング学習に使える子ども向けコンピュータ

今日は、プログラミングを学習するにあたって、オススメのコンピュータを幾つかご紹介したいと思います。

Raspbery Pi

ラズベリーパイ、という美味しそうな名前の小さなコンピュータです。
Scratch、Minecraftがインストールされているものもあります。

良いところ

  • おおよそ5,000円くらいで手に入るため、子どもが自由に使うコンピュータとして、とても良いです。

悪いところ

  • セットアップが若干難しいので、身近にITに強い人が居ないと導入が難しいです。
  • 単体だけでは使えず、HDMIテレビ、キーボード、マウスに繋がないと使えません。

 

IchigoJam

イチゴジャムと言います。これも美味しそうな名前ですね。
Basicというプログラミング言語がインストールされている小さなコンピュータです。
※RaspberryPi版もあります。

良いところ

  • キーボード付のキットが5,000円くらいで手に入ります。
  • Basicというのは、とてもシンプルで子どもが最初に覚えるプログラミング言語にぴったりです。
  • HDMIではなくアナログ映像入力端子のあるテレビに繋がります。

悪いところ

  • プログラミング以外のことはできません(良いところかも知れませんが)
  • Scratchのようなマウス操作を中心としたプログラミング言語ではないので、キーボード操作になれていないとプログラミングできません。

 

ポイント

このような小さなコンピュータは、それほど頑丈ではないのですが、本体は(ノートパソコンを買うことに比べると)かなり安価です。

また、お子さんが壊しやすいマウスやキーボードを自由に取り替えることが出来る事も魅力ですね。

ノートパソコンを買ったりするのは、このようなコンピュータでしっかり慣れてからにしたほうが良いかも知れませんね。

当教室では…

このようなプログラミング教材での学習も、当教室でサポート可能です。
お気軽にご相談くださいね!

 

マインクラフトでロボットプログラミング

最近、Minecraftプログラミングに関するお問い合わせを多くいただいたので、マインクラフト・プログラミングのコースを開講しました。

マインクラフトでは、ゲーム世界の中にロボットを登場させて、それをプログラミングすることで、ゲーム内で必要なさまざまな作業を自動化することができます。(そのための拡張ソフトが必要です)

これをプログラミングの教材として使っているのです。

さて、ちまたには沢山の「ロボット教室」があります。これらも多くは「ロボットをプログラミングして論理的思考能力を身につける」としているのですが、マインクラフトでのロボットプログラミングとはどのような違いがあるのでしょうか?

続きを読む

NHKのプログラミング教育番組

NHKで、週2回、1回10分のプログラミング教育番組が放送されているのをご存知でしょうか。

「厚切りジェイソン」さんが解説しています。
この人は、日本のお笑い番組に出るためにIT企業の役員になったという変わった経歴のお笑い芸人です。飛び級を認められるほど頭が良かったそうです。

番組はプログラミングをやっている小中学生向けで、スクラッチを使ったプログラミングのテクニックなどを解説しています。

視聴者向けのコミュニティサイトもあり、月ごとの「お題」をテーマとした作品を投稿することができます。

かなり短い番組なので、見るだけでプログラミングが身につくというほどの内容ではありません。
自分でプログラミングをやりながら、番組を見て刺激を受けたり、参考にするのがよいでしょう。

プログラミングは、なかなか共通の趣味をもっている友だちを探すのが難しいものです。
同年代の少年プログラマが集まっているWEBサイトで、刺激を受けたり、技を競うために投稿してみてはいかがでしょうか?

Why !? プログラミング
http://www.nhk.or.jp/gijutsu/programming/

ワイワイプログラミング
http://www.nhk.or.jp/school/programming/index.html

2017年2月現在で小学3年生以上の子ども向け情報教育ガイド

前回は、今心配するべきなのは義務教育で情報教育を受けられないお子さんです、と書きました。

過去記事:

今日は、そんな年齢層のお子さん向けに、どのように情報教育をしていくのがオススメなのかお伝えします。

続きを読む

プログラミングは独学でもOK

お母さんやお父さんがプログラミングに少しでも興味があるなら、子どもと一緒に学んでみませんか?

プログラミングはお父さん・お母さんでも教えられる

スクラッチは未経験の小学生でも出来るように作られています。

当然、お父さんやお母さんが未経験でも問題はありません。

本屋さんに行けば、小学生からできるプログラミングの本が並んでいます。スクラッチの本も多いです。

お父さん、お母さんが手に取ってみて、これなら一緒にやっていけそうと思うものがあれば、それを購入すれば良いのです。

ただ、独学では、つまずくポイントがあります。例えば…

  • 数字を全角で入力すると、コンピュータは無視します。
  • 音楽をならすときにコツがあります。
  • などなど…

本には、省略してあったり分かりにくい箇所もあるので、もしも身近にプログラマーがいれば、サポートしてもらえるようお願いしてみましょう。

職業プログラマーとして1年も働いている人ならば、スクラッチなんて一瞬で理解できますから、気軽に聞いてみて下さい。

もしプログラマーが身近にいない方は、当教室でもサポートをいたします。必要があれば、ご利用ください。

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=85062&lang=ja

お父さん・お母さんが子どもにプログラミングを教えるメリット

お母さん又はお父さんが子どもにプログラミングを教えるとしたら、費用は安くすむし、一緒に学ぶ大人もプログラミングを学ぶことができるというメリットがあります。

子どもとお母さん又はお父さんにとっても、一緒に楽しく学んだ時間が将来の宝ものになります。

子どもは、お父さんお母さんが興味をもって取り組むものに、興味を持つものです。

お母さん又はお父さん自身が興味を持ってプログラミングを学び、それを子どもとに見せることが重要です。

これが上手くできると、どんな先生が教えるよりも、子どもが得られるものは大きいでしょう。

お父さんお母さんが興味を持って取り組んでいるのに、お子さんの興味が続かない場合は… 向いていなかったと思って諦めましょう(でも、お父さん・お母さんは続けて下さいね!)

お母さん又はお父さんが、家事や仕事の片手間に教えることが出来ないレベルに子どもが到達したら、近くのプログラミング教室を探しましょう!

ラズベリーパイで始めるプログラミング学習

プログラミング学習の最初の教材として

前回は、ラズベリーパイ(RaspberryPi)を使ってどのようなことができるのかをご紹介しました。

では、子どもむけプログラミング教育の教材として、どのようにラズベリーパイを利用すればよいでしょうか。

子どもがプログラミングに興味を持つかどうか見てみるには、まずはスクラッチというゲームを作るソフトで遊ぶことをおすすめします

下のビデオは、スクラッチでゲームを作って遊ぶ様子を40秒にまとめたものです。楽しそうでしょう?

 

しかし、ちょっとプログラミングをやってみるのに、いきなり子どもにパソコンを買うのは勇気がいります。

そこで、子どもの観察しながら、興味をもって続けられそうだと考えたら、少しづつ段階的に揃えていくのがよいでしょう。

スクラッチは、インストールなしでも動かせるので、家にあるパソコンてセキュリティーの心配なく試すことができます。

試しにココにアクセスしてみてください

興味をもって、何日も遊んでいるようなら、子どもが1人で使えるようにラズベリーパイを購入してみるのもお勧めです。

ただし、ラズベリーパイは基盤だけなので、テレビ画面に映るように配線する必要があります。(地デジ対応のテレビと、HDMIケーブルが必要です)

 

余っているテレビがあればいいのですが、しょっちゅう子どもがプログラミングで使ってテレビがふさがってしまうというデメリットがあります。

また、ラズベリーパイは高性能ではないので、2~3ヶ月したらもの足りなくなるかもしれません。

その場合は、専用のノートパソコンを買ってあげるのもよいでしょう。

 

ラズベリーパイについての注意事項

ラズベリーパイは、専門的なパソコン屋さんやアマゾンで購入することができますが、買ってすぐ使えるわけではありません。

基盤だけなので、電源プラグ、SDカード、マウス、キーボードが必要です。これらをどのように繋いだらよいかなど、ある程度の知識が必要です。

不安な方は、入門書も売っているので参考にするとよいでしょう。