任天堂とVR

任天堂は、日本の京都に本社があります。
(当教室も、京都にあります)

任天堂と言えば、DS、Wii、Switchなどのハードウェアだけではなく、スーパーマリオやゼルダの伝説など誰もが知っているソフトも作っているメーカーです。

WiiやSwitchは爆発的なヒットになりました。なぜこんなにも売れたのでしょうか。

Wiiでは、赤外線センサー付きのリモコンが直感的にテニスや卓球など、スポーツのゲームで遊べることが、もともとゲーム好きの人だけでなく、これまでゲームにあまり興味のなかった人まで広く遊べるようになったからだと言われています。

Switchは、携帯型と据置型を兼ね合わせるというデザインによって、1台で2台の楽しみ方が出来てお得だと感じられることが大きいと思います。

どちらも、実はそれほど新しい技術は使われていません。どちらかというと、ちょっと使い古された技術をうまく活用することで、新しい遊び方・価値を提供しているところが特徴になっています。

現在、任天堂はVR関連の製品をまったく発表していません。しかし、きっとどこかのNintendoビル内で、VRを使った新しい遊びの研究が進められていると思います。近い将来VRの技術が成熟し、オモチャとして手の届く価格帯になったとき、満を持して、新製品が発表されるのでしょう。「なんで今まで無かったんだ」と、感心するような古くて新しい遊びと価値を、提案してくれると思います。

思います、というよりも、そうあって欲しいな、という期待ですけれど…。

さて、実は当教室でもVRを使って、プログラミングを学べないか研究中です。お楽しみに!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。