ゲームプログラマーになるには?(前編)

今日は、ゲームプログラマーになりたい!というお子さんの為に、どのような方法があるのかについてお話したいと思います。

ゲームプログラマーになるために絶対に必要な資質として、以下の3つがあります。

  1. 並み外れてゲームが好きであること
  2. 物作りが好きであること
  3. 数学と物理の知識があること

順番に見ていきましょう。

条件1:並み外れてゲームが好きであること

この記事を読まれていると言うことは、ある程度ゲームが好きな方だと思います。

しかし、ここでは「並外れて好きである」ことを条件としています。

どのくらいのことかというと、以下のような方が当てはまります。

  • 好きなゲームはすべてを知り尽くさなければ納得いかない
  • ゲーム制作者が準備してくれたものは、隅々まで味わいつくしたい
  • ゲーム制作者がどのように考えてこのゲームを作ったのか色々と空想してしまう
  • 遊んだゲームに対して自分の意見(好きなところ・嫌いなところなど)を言える

ほとんど「執着」といっても良いレベルですね。

なぜこれほどまでの執着が必要かというと、ゲームプログラマーは自分が作る1つのゲームに対して向き合う時間が非常に長いからです。

商業として成り立つレベルのゲームは、多人数で作業分担して制作されています。しかし、それでも、1つのゲームの開発作業には最低数ヶ月、長ければ数年かかります。

ここで、ちょっと思い出してみてください。

あなたは1つのゲームをそれほど長期間かけて遊んだことがあるでしょうか?

もし遊んだことがあるとしても、それは余暇の時間を使っての「遊び」だったはずです。

一方で、それを作るプログラマーは、毎日朝から晩まで(たいていは深夜まで)取り組んでいます。いくら仕事だとは言え、いくら好きだとは言え、なかなか難しいことですよね。

ゲームプログラマーはそのくらい、1つのゲーム制作に取り組める情熱を持っていなければならないのです。

条件2:物作りが好きであること

ゲームを遊ぶことと同じかそれ以上に作ることを楽しめる、モノ作りが好きな人です。

当然ですが、ゲームは、遊ぶよりも作る事の方が数倍大変です。
作ることが楽しい人でなければ、プログラマーには向かないでしょう。

そのモチベーションを支える想いは、プログラマーそれぞれで異なります。

  • 自分が作ったゲームを遊んだ誰かの笑顔が見たい
  • より面白いゲームを作りたい
  • 世界で一番面白いゲームを作りたい
  • ゲームで世の中を変えたい
  • などなど…

ゲームプログラマーは、そのような想いをもってゲーム制作に取り組んでいます。

「ゲームで遊びたい」だけでは、やっていけないのです。
他の仕事で稼いだお金で、誰かが作ってくれたゲームを買ってきて遊ぶ方が効率が良いですよね。

(つづく)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。