知識の習得にかかるお金

プログラミングの知識習得にかかるお金についてご説明しましょう。
学習タイプによって特徴があり、かかる費用もかわってきます。

通学タイプ

教室に週1回程度かよって、クラス単位で授業を受けるタイプです。

プログラミング教室の先生は、基本的な知識から入って、自分で勉強をするやり方、プログラミングの楽しさを繰り返し教えることが大きな役割となります。

やる気を持続させるのが難しい小中学生くらいまでは、この方式がオススメです。

通学タイプの教室の相場は月3-4回の授業で月額数千円〜1万円くらいです。教室によっては、有償または無償でパソコンを貸してくれます。

自宅から近いところを探して無料体験レッスンを受けてみるのが良いでしょう。

個別指導タイプ

そういったことをより効率的に行えるようにするには、個別指導が良いのですが費用的には高くなってしまいます。おおよそ1時間3,000円〜5,000円くらいが相場です。

個別指導の場合は、講師に教えてもらう時間以外に、自分でテキストに沿って予習復習をしたり、制作課題に取り組んだりする必要があります。(全てを先生に教えてもらおうとすると非常に高額になってしまうためです)

基本は自習で、どうしても分からない所や提出課題の間違っていたところだけをマンツーマンで教えてもらうという方法ですね。

このマンツーマン方式は大人向けには良いのですが、子ども(特に初心者)が実践するのは、やる気が続かなくて挫折してしまう事が多いので、オススメできません。

通信教育タイプ

先生に教えてもらうのではなく、定期的に(または最初に一括で)教材が送付されてきて、あとはお母さんやお父さんが付き添って学習をすすめるタイプです。

こどもチャレンジなどの通信教育サービスと似ています。

ただし、こどもチャレンジなどと違って、高額な教材費用を最初に一括で支払う必要がある業者さんが多いので注意して下さい。
途中で挫折した場合や何らかの不満があった場合も費用は戻ってこないので、よほど信頼できる人からのオススメでも無い限り避けた方が無難でしょう。

お母さんが先生タイプ

もし上の「通信教育タイプ」方式を実践できるほどお母さんに時間があるのなら、もっと良い方法があります。

普通の小学生向けの書籍を購入して、お母さんが付き添って教科書に沿って教えてあげるのです。お母さんも勉強でき、かつ、費用も安くすむので安心です。

その場合は、お母さんも分からない事をいつでも相談できる先生を見つけておくと良いでしょう。当教室では、そのようなお母さん向けに、ビデオチャットをつかった個別レッスンを受け付けています。定期的にでも良いですし、困ったときだけでもいいので、予約フォームから申し込んでビデオチャットで相談・質問することができます。

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=85062&lang=ja

最後に小学生向けの書籍をあげておきます。高学年なら1人でもある程度読んでいけるレベルの本です。お母さんが付き添えるなら、小学校中学年からでも無理なく学習できるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。