ごあいさつ

こんにちは。はじめまして。床井(とこい)ともうします。

 

世界が大きく広がるプログラミング

プログラミングというのは、何らかのソフトウェアを作りあげる事ですが、未体験の人にとっては大きなパラダイムシフトになります。それは、

コンピュータを”使う”世界から、”自由に操る”世界へ

です。プログラミングをするというのは、キカイの機能をただ使っていたのとは違う新しい体験です。

皆さんの身の回りにあるテレビ、テレビゲーム、スマートフォンやタブレットなど多くのものにコンピューターが内蔵されています。

  • あなたのスマートフォンに、どうやってメールが来るのか知っていますか?
  • テレビゲームの「もちもの」は、なぜ127個とか255個とか中途半端な数までしかもてないのでしょうか?
  • スマートフォンの予測変換は、なぜあんなに賢いのでしょうか?

プログラミングを知らない人にとっては、考えれば考えるほど、まるで魔法の世界の出来事です。

プログラミングを知ると何が起こるでしょうか?

  • 毎日さわっている機械が考える仕組みが分かります。
  • それを作り上げた人(=プログラマ)の存在をハッキリと意識することができます。

プログラミングすることは、キカイはどのように考えているのか、その仕組みを知ることでもあります。

  • キカイにできること、できないことが分かります。
  • キカイが得意なこと、苦手なことを区別できるようになります。
  • キカイに用事をさせるには、何が必要なのかが分かるようになります。

プログラミングを知ることは、キカイの魔法の世界に足を踏み入れるということなのです。

ありとあらゆるところにコンピュータがあふれている現代と未来では、プログラミングを知ることで、身の回りの世界が大きく広がるのです。

小学生でもプログラミングを気軽に楽しめる時代に

私は、仕事でプログラミングを始めて20年くらいのソフトウェアエンジニアです。

世界中で活発に行われている研究や技術の進歩によって、プログラミングは、20年前に比べると身近になりました。
たとえば、これ。

スクラッチというソフトを使えば、小学生の子どもにも、ちょっとしたゲームを簡単に作れてしまいます。

ゲームといっても「遊ぶだけ」ではありません。

スクラッチのゲームは自分でつくって遊ぶものです。そこには

  • 「いいことおもいついた!」
  • 「こうしたら面白いんちゃうん!?」
  • 「なんやこれ、難しくなりすぎやん!?」

などの創意工夫や発見、驚きがあります。

プログラミングは表現手段のひとつ

プログラミングなんてしたことが無いかもしれません。

でも、子どもの頃、ちょっとした工作をしたことはありますよね。

  • 家においてあったボール箱を見て、自分で遊ぶためのオモチャをワクワクしながら考えた
  • 家族にあげるプレゼントを厚紙とハサミとセロハンテープで作った

こどもの時の気持ちを思いだしてみてください。

プログラミングも同じです。

違うのは、使える材料がパソコンの中にあるのか、外にあるのかだけです。

  • ピアノが弾きたい人は音楽教室へ
  • 絵を描くのが好きな人は美術教室へ
  • ダンスしたい人はダンス教室へ
  • スポーツが好きな人はスポーツクラブへ
  • プログラミングが好きな人はプログラミング教室へ

というくらいの気持ちで、構えずに、プログラミングを学ぶ子どもが増えたら良い、そんな思いから

楽しんで熱中して取り組めるプログラミング教室

を始めることにしました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。